おススメアイテム

ブログ収益を加速する神アイテム
1位
2位
3位

>>もっと見る

ブログアブイリエイトにはワードプレスがおすすめ!活用法やおすすめのテーマなど

アブイリエイトの基礎知識

ブログアブイリエイトにはどうしても媒体が欠かせません。

無料ブログ等もありますが、使い勝手もわるく、提供元の公告等か自動で挿入歌されるのでおすすめしません。

かつて管理人もはじめの頃は無理ブログ使ってました。

しかし、時代と共にインフレ無料ブログサービス事態が閉鎖され、だいぶ前からワードプレスを使ってます。

ブログアブイリエイトにワードプレスが適している訳

WordPress(ワードプレス)とは、ウェブサイトやブログを作成および管理するためのオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)です。

WordPressは、ユーザーフレンドリーで使いやすいインターフェースを提供し、テキスト、画像、ビデオなどのコンテンツをウェブページに簡単に追加、編集、管理できるようにします。

多くのウェブサイトがWordPressを使用しており、さまざまな目的に適したテーマやプラグインが提供されています。

また、カスタマイズ性も高く、プログラミングの知識がなくても、外観や機能をカスタマイズできます。

WordPressは、ブログからビジネスウェブサイトまでさまざまなウェブプロジェクトに適しています。

つまり、

ワードプレス以前はHTMLサイト等も主流でしたが、初心者では扱いにくく、カスタマイズが困難でした。

その点、ワードプレスにはさまざまなプラグインを追加する事がで、ブログの見栄えなども良くなり、

初心者でもかんたんに扱えるのが大きな特徴です。

テーマも豊富に用意されている

私は使ってませんが、ワードプレスには無料で使えるテーマが豊富に取り揃えられています。

ただし、無料のテーマは海外製のものが多く、日本のサイトのセンスにマッチしないものが殆ど。

出来れば有料のテーマを一つくらいは持っておくと便利です。

抱負なプラグインを無量で使える

ワードプレスにはプラグインと言うシステム用意されています。

プラグインには様々な種類が用意されており、おもに人気の高いプラグインと言えば、人気記事を自動で表示出来るプラグインなど。

これ以外にも様々なプラグインがワードプレスでしょうよすることが出来ます。

プラグインを活用することで、サイトの見栄えを良くした、ユーザービリティーを高める事に繋がります

ワードプレスを導入したら、是非プラグインを入れて見て色々と試してめるのも良いでしょう。

ワードプレスをサーバーにアップロードする手順

WordPressをサーバーにアップロードする手順は以下の通りです。

1. **ウェブホスティングアカウントを取得**:

最初に、ウェブホスティングアカウントを取得し、ドメイン名を登録します。多くのウェブホスティングプロバイダーがWordPressのインストールをサポートしています。

2. **WordPressをダウンロード**: [WordPressの公式ウェブサイト](https://wordpress.org/)から最新のWordPressインストールファイル(.zip形式)をダウンロードします。

3. **ウェブサーバーにログイン**

: ウェブホスティングプロバイダーの提供する管理パネルにログインします。通常はcPanelやPleskなどが使用されます。

4. **データベースを作成**

: WordPressはデータベースを使用するため、ウェブホスティングの管理パネルからMySQLデータベースを作成します。データベース名、ユーザー名、パスワードを設定し、これらの情報を控えておきます。

5. **WordPressファイルをアップロード**:

WordPressをダウンロードしたZIPファイルを解凍し、FTPクライアントを使用してウェブサーバーにアップロードします。通常、ウェブサーバー上の`public_html`ディレクトリにファイルを配置します。

6. **wp-config.phpを設定**

: WordPressフォルダ内にある`wp-config-sample.php`ファイルを`wp-config.php`にリネームし、データベース情報(データベース名、ユーザー名、パスワード)を設定します。

7. **WordPressのインストール**:

ウェブブラウザでサイトのドメインにアクセスし、WordPressのセットアップウィザードが表示されるはずです。必要な情報を入力し、WordPressをインストールします。

8. **WordPressのセットアップ**:

インストールが完了したら、WordPressの基本設定を行います。サイト名、タイトル、管理者アカウント情報などを設定します。

9. **テーマの選択とカスタマイズ**:

WordPressダッシュボードにアクセスし、外観 > テーマから好みのテーマを選択し、必要に応じてカスタマイズします。

10. **プラグインの追加**

: 必要に応じて機能を拡張するためのプラグインを追加し、設定します。

以上がWordPressをサーバーにアップロードする基本的な手順です。

ウェブホスティングプロバイダーによって手順が異なる場合があるので、提供されたドキュメンテーションを参照することも大切です。

上記は、ほんの十年前の作業手順

今は、レンタルサーバーによってはワンクリックでサーバーへのワードプレスのインストールが完了します。

ウエブアップロード等の面倒な知識は今は無くともワードプレスをアップロード出来ちゃいます。

便利な時代になりました。

そんな訳で今回はこの辺で、

収益に特価舌ワードプレステーマはこれ!

Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです

実際に、企業に納品してきたノウハウと技術をすべての人に利用可能なWordpressテーマとして最適化いたしました。

知識だけで作られたテンプレートは山ほどありますが、実績に基づいて作られた内部構造や無駄の無い美しいデザインはとても洗練されています。

皆様で作り上げたWordpressテーマといっても過言ではありません。

テーマ詳細へ

タイトルとURLをコピーしました