海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違い

その他

 

バイナリーオプションとは、一定の時間内に、「上がるか」「下がるか」を予想する金融商品。

一般的に、「廃炉ー」とも呼ばれています。

FXと大きく異なる点は、リスクが限定されている事です。

 

FXの場合、急な相場の変動等で、予想外の損失を被る場合も有るが、

バイナリーオプションの場合においては、

負けても投資資金(エントリーした金額)以上に損をする事は有りません。

ここがFXと大きな違いと言えるでしょう。

 

しかし、国内口座と海外口座ではリターン率も大きく異なります。

数年前に、金融庁の規制で国内のバイナリーは人気が低迷しつつ有ります。

国内業者のバイナリーオプションの仕組み

 

数年前、国内のバイナリーオプションと言えば、GMOクリック証券が圧倒的にシェアを誇っていました。

当時のバイナリーの仕組みは、10分制で、

上手く行けば、たったの10分で数万を稼げる美味しい仕組みでした。

 

かつて、管理にオンも、FXの延長戦上として、バイナリーでかなり儲かっていました。

この当時、10連勝以上も当たり前のように獲得していました▼

 

しかし、2014年より、国内バイナリーオプションは「2時間制」に変更され、

かつてのように短時間で大勝が難しくなりました。

 

2時間制の導入により、国内のバイナリーオプションはユーザーが低迷し、

海外の業者が注目されるようになったのもこの頃です。

2時間後の相場を予想るるくらいなら、

普通にFXをやった方が自由度が高いと言えるでしょう。

海外のバイナリー業者は「金融商品」が豊富!

 

海外のバイナリーオプションは、1分、5分、15分オプションを始め、

為替以外にもCFDの予想オプションなど、金融商品が実に豊富

 

一番人気が有るのが、1分バイナリーや、15分くらいまでのバイナリーオプションの人気が高く、

通貨ペアも豊富に扱われているのも人気の秘密です。

正し、海外業者にも、こうしたメリットも和えr場、幾つかのデメリットが有ります。

海外業者のメリット・デメリット

【メリットについて】

少ない資金で大きなリターンが得られる

・・・最小500円からの掛け金で参加が可能

 

国内業者よりも、圧倒的にチャンスが多い!

・・金融商品が豊富である為、エントリー幅もそれだけ多くなります

 

短時間でまとまった金額を稼ぐチャンスが到来する!

・・・しっかり狙いを定めてエントリーすれば、

短時間でも大きなリターンを得られる可能性が高くなります

 

【デメリットについて】

国内の業者は、金融庁の傘下であるので、「出金トラブル」などはほぼ無縁ですが、

海外業者の場合、「言葉の壁」や、「出金の仕組み」が国内とは異なるので、

そうした金銭的なトラブルに見舞われる場合も有るようです。

 

中には、受け取ったボーナスの何倍もの取引を行わないと

出金出来ない業者も有ります。

そうした詐欺的な業者も存在する事は確かなので注意が必要です。

優良な海外バイナリー業者の判断基準とは?

海外のバイナリー業者は、様々な出金手段を設けています。

そうした、中でも、「Netter(ネッテラー」は非常に審査が厳しいので有名なので、

「Netter(ネッテラー」を出金手段として選択が可能な業者は

安全性が高いと言えます。

 

海外のバイナリーオプションを始めるに辺り、

まずは入出金手段にどんなものが可能なのかを事前に調べておきましょう。

「自働売買」などの、特に変わった取引を行わなければ、

安全に使用出来る海外業者は沢山あります。

 

タイトルとURLをコピーしました