金融庁は、FX店頭取引において、現行のレバレッジ25倍から10倍に引き下げる事を検討中との事。

これに対して、FX業者や、個人投資家から猛烈に反対しているとの事。

 

とうとう来ましたね。

レバレッジ10倍規制案が。

 

ハッキリ言って、

国内口座メインの個人投資家は死活問題でしょう。

 

未だハッキリとは決まっていない状態ですが、

前回の規制の時も、投資家から同じように猛反発を受けていたにも関わらず、

レバレッジ200倍~400倍から一気に25倍に縮小しました。

 

前回の規制と同様、今回も「個人投資家保護」が理由のようですが、

そもそも、レバレッジが10倍だろうが100倍だろうが、

口座破綻の原因は、資金管理の甘さが大きな要因なので、

口座破綻と、レバレッジは関係無いと思います。

資金100万円、レバレッジ10倍の場合のリスク許容範囲とは?

 

例えば、1ドル112円とした場合、現状では4万円程度の証拠金で1万通貨を建てる事が出来ます。

これが、10倍のレバレッジに引き下げた場合、単純に倍以上の資金が必要になる訳です。

以下は、1万通貨のポジションを建てるのに必要な証拠金の目安です。▼

 

※ドル円=112円 ユーロ円=133円で計算

通貨ペア ドル円 ユーロ円 ユーロドル
レバ100倍 1万円 1.3万 1.3万
レバ10倍 12万 13万 13万
レバ25倍 4万 5.3万 5.3万
レバ50倍 2万円 2.6万 2.6万

 

こうして票にしてみると、仮に「10倍」規制が施行された場合、

海外ブローカーの「レバ100倍」と比較すると、10倍程金額が違ってきます。

1.0ロット(10万通貨)の取引であれば、この10倍の資金が必要です。

 

資金100万で取引に臨んだ場合、

レバレッジ10倍と、25倍でもロスカットレベルが大幅に異なってきます。

 

単純に考えて、最低でも今までの2.0倍~3.0倍の資金が必要になります。

1万通貨の取引を徹底するのであれば、

最低資金は30万程見ておいた方が良いでしょう。

 

10万通貨の取引がメインなら、与力300万くらいは無いと、

安全に運用が難しくなってきます。

 

こうなると、国内口座を気軽に使える人は激減しますし、

何よりも、メリットが何も有りません。

今後は「海外ブローカー乗り換え」や、「仮想通貨」に流れるユーザーが大勢出てくるかも?

 

国内口座の最大のメリットは、金融庁の傘下に有る為、出金トラブル等が少く、

「安全神話」がトレーダーの間で広まっているからでしょう。

しかし、国内ブローカーも呑み行為を普通に行っているので、一概に安全とは言えません。

(※日本語が通じるのが最大の魅力でしょうかね?)

 

管理人も国内ブローカーをメインに使ってきましたが、

レバレッジの規制や、「追証」等を考慮し、

海外ブローカーへと目線を切り替えました。

 

レバレッジ10倍規制は、未だハッキリとは決まっていないようですが、

前回の規制を考慮すれば、強行の可能性が高いと見ています。

10倍のレバレッジで大きく稼ぐのは、流石に難しいと思います。

 

この流れを受け、レバレッジの高い海外ブローカーに乗り換えの動きや、

「仮想通貨」市場にユーザーが流れ出しているとの事。

この動きは当分の間続くと思います。

人気の海外ブローカー一覧

    1. XM(エックスエム)

      商品1

      評価 4.5
      レバレッジ 888倍
      最小スプレッド 0.0pips
      口座タイプ:
      FX 株指数 BTC先物
      ボーナス:
      有り

      XMは海外・日本国内でも人気の高い海外ブローカーの1つ

      管理人のレビュー

      XMの魅力は何と言っても、最大レバレッジ888倍と、少ない資金で大きな資金を運用する事が可能です
      また、スプレッドが最小ゼロという、「Zeroスプレッド」を儲けているのもXMの大きな特徴です。

      >>もっと詳しく

    2. Tradeview(トレードビュー)

      評価 5.0
      レバレッジ 100~200倍
      最小スプレッド 0.0pips
      口座タイプ:
      FX 株指数 BTC先物
      ボーナス:
      無し
      Tradeview(トレードビュー)は、ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンスを保有する人気の海外ブローカー。
      インターバンク直結したレートを確保し、価格の透明性が高いと評判の海外ブローカー。
      管理人のレビュー

      インターバンク直結で驚く程スプレットが狭く、約定率が高く優れています。スキャルピング等の短期トレーダーにも非常に有利。

      >>詳しく見てみる