Tradeviaw(トレードビュー)

 

Tradeview(トレードビュー)は、ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンスを保有する人気の海外ブローカー。

ECN方式で、インターバンク直結したレートを確保し、価格の透明性が高いと評判の海外ブローカー。

管理人がメインで使用するブローカーでもあります。
公式サイトはこちら

 

豊富なプラットフォームが満載

 

Tradeview(トレードビュー)では、3つのタイプのプラットフォームが用意されています。

  • メタトレーダー4
  • Cトレーダー
  • バイキング

 

一番人気はやはり「メタトレーダー4タイプ」ですね。

この他、「Cトレーダー」なども人気です。

Cトレーダーとは何ぞや?

 

「バイキング」は、あまり日本ではメジャーでは有りませんので、

トレードビューで口座を開設するのであれば、

「メタトレーダー」「Cトレーダー」このいずれかで十分だと思います。

低スプレッド

 

管理人は、幾つかの海外ブローカーを使っていますが、

中でも、Tradeview(トレードビュー)は低スプレットであることが

トレーダーにとっては嬉しい限りですね。最小スプレッドはゼロです。

 

ドル円なら、平均0.2~0.3pips以内に収まってくれるので、

スキャルピングにも向いている業者です。

低スプレッド業者のメリットについて

スプレットとは、売り・買いの価格の差になるので、狭いに越した事は有りませんよね。

実際、トレードビューで取引を体験すれば分かりますが、

驚く程スプレットが狭いので、約定率が高く優れています

 

この為、スキャルピング等の短期トレーダーには非常に有利。

デイトトレードでもスプレッドは狭いに越した事は有りません。

Tradeview(トレードビュー)の詳細を見てみる

新規口座開設ページはこちら

信託保全、金融ライセンスの保有

 

ケイマン諸島金融庁(CIMA)は英国領ケイマン諸島での最高金融監督機関。

ケイマン諸島は銀行総資産1.5兆ドル、世界で5番目の金融中心国であり、
世界の50の大手銀行のうち40の銀行が支店を構え、
世界第2位のキャプティブを誇ります。

CIMAはおよそ300の銀行、800の保険会社、10,000のファンドを監督。
ケイマン諸島はFAFT(金融活動作業部会) のランキングで、
アメリカに続いて第5位に位置しています。

※金融ライセンスのレベルから考慮しても、信頼度の高い業者です。

あなたの大切な資産を託す訳ですから、
「信託保全」や、「金融ライセンスの有無」は最低限の条件と言えるでしょう。

Tradeview(トレードビュー)口座開設の流れ

トレードビューには、「」とは別に、3つの口座タイプが用意されています。

 

※以下のページより、お申込みページにお進み下さい

新規口座お申込みページ

 

こちらのページの、1番~3番の必要事項を記入します

 

◆居住国・・・お住まいの国

◆取引口座通貨 円口座、ドル口座、ユーロ口座などから選択

居住国・地域に関する入力

 

◆氏名(※ローマ字記入) 性別、国籍

◆パスポートナンバー(任意)

◆Japan

◆メールアドレス

◆電話番号

◆住所(※市町村以下を記入)

◆市区町村(市町村を記入)

◆郵便番号(ハイフン無し)

 

この他、職業、年収、資産形態、投資経験の有無などを記載する項目が有ります。

※純資産は大よその金額を記載すればOK.

 

必要事項を記入し、問題が無ければ、「送信」をクリック。これで申し込みは完了です

口座開設はこちら

公式サイトはこちら