おススメアイテム

ブログ収益を加速する神アイテム
1位
2位
3位

>>もっと見る

藤井良治のインスタグラムリプリントビジネスは本物かをレビューします

アフィリエイトの稼ぎ方

藤井良治のインスタグラムリプリントビジネス(IRB) 評価・レビュー

インスタグラムリプリントビジネスとは?

今回は、アドモールと言うASPで販売されている
リプリントビジネス」という商材のレビューになります。

内容は、今時のインスタグラムを使って広告収入稼ぐ方法になり、
ネット初心者の方でも取り組んで行けるような内容のようです。

リプリントビジネスの公式サイトはこちら >

 

実は、アドモールと言うASPは前から知っていたのですが、
中には。低品質な商材も少なく無く、割と敬遠していたのですが、

この「リプリントビジネス」に関しては、
内容が面白そうだったのであえてレビューしてみる事にしました。

「ある画像」を投稿するだけのシンプルなスタイル

リプリントとは、再発行とか、転載と言う意味で使います。
今回の場合、後者の「転載」と言う意味になります。

インスタグラムとは、画像を中心としたSNSです。

このインスタグラムに、
ある画像を転載してお金を稼いでいく

というのが、リプリントビジネスの主な内容になります。

行う作業は、ある画像の投稿のみ。

画像を投稿するだけですので、今迄インスタを使った事が無い人であっても
スムーズに作業が行えると思います。

具体的にどんな画像を投稿するのか?

 

実は、インスタグラムを使っている人であれば
ある程度知っていると思いますが、

画像1つ投稿するだけでもインプレつションが上がります。

人が興味を引くような画像であればなおさらですね。

一定数の人がまず間違いなく興味を示すような画像
一部の人が思わず釘付けになってしまうような画像

 

この様な投稿であれば、なおさら他のユーザーの関心が集まり、
フォロワーも自然に増えていきます。

で、肝心の実際に投稿する画像はと言いますと、

この「〇〇〇〇」の画像は、そのバリエーションによって5~10ほどの画像が1セットとなっているため、インスタグラムに投稿する際も、その5~10の画像を1セットで投稿していきます。 販売ページより

 

との事

1つポストするだけでも、かなりのビユーが集まるとの事なので、
相当人々が関心を示す画像なのでしょう。

  • その画像を50~100件(50~100セット)インスタに投稿すれば月収10万円は手堅い
  • 独自のバリエーション画像を一日50~100件(50~100セット)合法的に無料で入手できる

画像は無料で入手可能です。

おそらく、画像そのものを投稿しただけで収入になるのではなく、

画像を投稿する事でアクセスを集める事で、
プロフィール欄に誘導していく方法でしょう。

インスタは投稿にリンクを貼れないので、
何らかのプロモーションを行う場合、プロフィールに誘導します。

そんな事でお金になるのか?

インスタユーザーは、気になる投稿を見つけると、
先ずプロフにアクセスしてきます。

プロフにはビジネスなどのリンクを貼れるので、
そこから収入に繋げて言うというやり方。

この方法は、多くのインフルエンサー等が使っている手口です。

インスターユーザーって、
結構、プロフィールを見ている事が意外に多いんです。

つまり、

プロフへのアクセスを集めるには、
登校する画像が決めてです。

リプリントビジネスは、一見怪しい雰囲気のセールスページですが、

「ユーザーの興味を引く、ある画像を投稿する」

と言う意味では、インスタグラムの使い方としては真っ当なやり方です。

案外内容的には悪く無いと思います。

>>リプリントビジネス
ある画像をインスタグラム投稿し、
爆発的にアクセスを集め広告収入で焦ぐノウハウ

詳しく見てみる

アフィリエイトの稼ぎ方
ブレインライター

話題のAIを使ったブログ記事リライトツールとなり、
リライト機能も搭載されているツールです。

文字数無制限にリライトをコピペとクリックで処理する事が可能。
ブログ記事作成の効率が大幅にアップ!

キングオブマネーメーカー

”URLの挿入だけで、
高品質なコンテンツを作れるツール”

四家里奈プロンプトは一切不要。
単にURLを入力するだけでOK

GPT サイトビルダー

主な特徴としましては、

数回のクリックでサイト構築が可能
5000文字を、ごく自然な文体を輩出
低額なコストで高度AIを維持できる
一般ジャンルからアダルトまで幅広く対応
低額なコストで高度AIを維持できる
スマホからでも操作が可能!

というAIシステムになります。

5年で一億稼いだ方法

コメント ご意見ご感想

タイトルとURLをコピーしました